FRMSKI開発ブログ

iOS開発、AR/VR、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

【マンション大全】2019年にエンジニアが不動産購入を考える

最近プライベートで子供が生まれ、在宅ワークも増えてきたこともあり住む場所を落ち着かせたいと思うようにりました。
そんな中読んだ『マンション大全 伝説の目利きが教える「買っていい物件」の見極め方』がおすすめだったので紹介します。

おすすめポイント① - 東京オリンピック以降の地価は?

結論から言うと新築マンションの価格はオリンピック以降大きな下げはないとのことでした。ここを心配している方は非常に多いみたいです。本書では冒頭からハルミフラッグを例にとりこの話が展開されていて非常に興味深いです。

おすすめポイント② - 永住を前提に購入しない

35年ローンの場合でも10年20年住んだ後に貸すことを考慮して買うのがベスト。購入者目線でのマンション選びは非常に大切なようです。資産性のある物件を選ぶポイントも紹介されています。これの考えなら不動産購入のプレッシャーがやや軽くなるように感じます。

おすすめポイント③ - ヴィンテージマンションが1億越え?

超有名なヴィンテージマンション「広尾ガーデンヒルズ」を例にとって、中古マンションの紹介が非常に興味深かったです。このことから自分も中古マンション+リノベを検討するようになりました。

その他マンション探しで気づいたこと

本以外にも、実際に新築のモデルルームを見に行ったり、リノベサービスを利用してみて気づいたことをリストアップします。不動産購入は情報が全て。情報を精査して意思決定しやすい状態に持っていくことが大切だと思いました。

  • フリーランスのエンジニアはローンが組みづらい!
  • タワーマンションは今後の修繕計画が未知数なので手をつけない方がいい
  • 新築マンションは本来的価値よりも何百何千万も上乗せされているので要注意