FRMSKI開発ブログ

プログラミング、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

Human Interface Guidelines(12) - User Interaction / Authentication 和訳&まとめ

User Interaction - Authenticationについての和訳です。

Authentication

 体験のパーソナライズ、追加機能へのアクセス、コンテンツの購入、データの同期など、価値のあるものとのみ交換するようにユーザーに求めてもらいます。アプリに認証が必要な場合は、ログインプロセスを迅速かつ簡単に、邪魔にならないようにしてください。アプリの楽しみを損なう必要はありません。

  • パスワードの自動入力は、すべてのサインアップおよびサインインフローで使用します
     この機能により、パスワードとセキュリティコードが自動的に生成され、入力されるため、ユーザーは認証画面での時間を短縮できます。すべてのアプリはこの機能をサポートする必要があります。開発者向けのガイダンスについては、「パスワードの自動補完(Password AutoFill | Apple Developer Documentation)」を参照してください。

  • 可能な限りサインインを遅らせる
     ユーザーは、何か便利なことをする前にログインする必要があるときにアプリを放棄することがよくあります。彼らにそれを約束する前に、あなたのアプリに恋する機会を与えてください。ショッピングアプリでは、商品を購入するとすぐに商品を閲覧できるようになり、購入準備ができたらサインインする必要があります。メディアストリーミングアプリでは、ユーザーが何かをプレイするためにサインインする前に、あなたのコンテンツを見るようにあなたが提供するものを見せてみましょう。

  • 認証の利点とサービスへの登録方法を説明してください
     アプリで認証が必要な場合は、ログイン画面で要望の理由とそのメリットを簡単に説明してください。また、あなたのアプリを使用しているすべての人が最初からアカウントを持っているわけではないことに注意してください。入手方法を説明したり、簡単なアプリ内での申し込み方法を提供してください。

  • 適切なキーボードを表示して、データ入力を最小限に抑えます
     電子メールアドレスを尋ねるときは、たとえば、便利なデータ入力ショートカットを含む電子メールキーボード画面を表示します。利用可能なキーボードタイプの完全なリストについては、UITextInputTraitsのUIKeyboardType定数(UITextInputTraits - UIKit | Apple Developer Documentation)を参照してください。

  • 「パスコード」という用語を使用しないでください
     パスコードは、ユーザーのiOSバイスのロックを解除し、生体認証が無効の場合にApple Payで認証するために使用されます。

FaceID and TouchID

  • 可能な限り、生体認証をサポートします  顔IDとタッチIDは、人々が信頼する安全で親しみやすい認証方法です。ユーザーがバイオメトリック認証を有効にしている場合、その動作の仕組みを理解していること、利便性を高く評価し、可能な限り使用することを好みます。ユーザーは端末で生体認証を無効にすることを選択する可能性があるので、このシナリオを処理できるようにアプリを準備する必要があります。

  • 単一の認証方法を提示する  人々が認証方法を選択する必要がないときは、最も直感的です。 Face IDのような単一のオプションを与えてください。最初のメソッドが失敗した場合にのみ代替として、ユーザー名とパスワードを要求するような代替案を提供します。

  • ユーザーアクションに応答する場合のみ認証を開始します  ボタンをタップするなどの明示的な操作は、ユーザーが認証を望むことを保証します。顔IDの場合、それはまた、ユーザがカメラに面している可能性を高めます。

  • 常に認証方法を特定する  たとえば、Face IDを使用してアプリにログインするためのボタンには、「ログイン」ではなく「顔IDでログイン」というタイトルを付ける必要があります。

  • 認証方法を正確に参照する  Face IDをサポートするデバイスでTouch IDを参照しないでください。逆に、Touch IDをサポートしているデバイスではFace IDを参照しないでください。デバイスの機能を確認し、適切な用語を使用してください。

  • 一般に、アプリ内で生体認証を有効にする設定を使用しないでください  生体認証がシステムレベルで有効になっている場合、ユーザーがそれを使用したいと仮定します。アプリ固有の設定を実装すると、システム全体で実際に無効になっているときにアプリで生体認証が有効になっているような状態になることがあります。

  • アイコンを使用してシステム認証機能を識別しないでください  システムのTouch ID(拇印)アイコンやFace IDアイコンのようなアイコンが表示されると、ユーザーは認証されると考えられます。アイコンを使用して認証機能を識別すると、矛盾が生じ、特にアイコンが色付きで表示され、大きなサイズで表示され、文脈から提示されたときに混乱が生じます。