FRMSKI開発ブログ

iOS開発、AR/VR、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

【iOSデザインガイドライン和訳】起動画面(ローンチスクリーン)の常識

起動画面

 アプリが起動するとすぐに起動画面が表示されます。起動画面はすぐにアプリの最初の画面に置き換えられ、アプリが速く応答性の高い印象を与えます。起動画面は芸術表現の機会ではありません。これは、すぐに起動し、すぐに使用できるように、アプリの認識を向上させることのみを目的としています。すべてのアプリは起動画面を提供する必要があります。

 デバイスの画面サイズが異なるため、起動画面のサイズも異なります。これに対応するには、起動画面をXcodeのストーリーボードとして、またはアプリがサポートしているデバイス用の静止画像のセットとして提供できます。ストーリーボードは柔軟で適応性があるため、Xcodeストーリーボードを使用することをお勧めします。 1つのストーリーボードを使用して、すべての起動画面を管理できます。適応インターフェースの実装については、「自動レイアウトガイド」を参照してください。

  • アプリの最初の画面とほぼ同じ起動画面をデザインします
     アプリの起動が完了したときに異なるように見える要素を含めると、起動画面とアプリの最初の画面の間で不快なフラッシュが発生する可能性があります。

  • 起動画面にテキストを含めないでください
     起動画面は静的なため、表示されているテキストはローカライズされません。

  • ダウンプレイを開始
     人々はアプリを頻繁に切り替える可能性が高いので、アプリの起動に注意を払わない起動画面を設計します。

  • 宣伝しないでください
     起動画面はブランディングの機会ではありません。スプラッシュスクリーンや「バージョン情報」ウィンドウのようなエントリーエクスペリエンスをデザインしないでください。ロゴやその他のブランディング要素は、アプリの最初の画面の静的な部分以外は含めないでください。

  • 静的起動画面
     起動画面にはXcodeのストーリーボードを使用することをお勧めしますが、必要に応じて一連の静止画像を提供できます。デバイスごとに異なるサイズの静止画を作成し、ステータスバー領域を必ず含めてください。

f:id:frmski:20181213113758p:plain:w500