FRMSKI開発ブログ

プログラミング、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

HIG - System Capabilities / Augmented Reality① 和訳

HIGのAugmented Realityについての和訳です。3回にわけて翻訳します。

Augmented Reality

 アップルのAR(拡張現実感)技術であるARKitは、仮想オブジェクトを現実の世界とシームレスに融合させる魅力的な体験を提供します。 ARアプリでは、デバイスのカメラは、現実の世界をライブでオンスクリーン表示します。 3次元の仮想オブジェクトがこのビューに重ね合わされ、実際に存在するという錯覚を作り出します。ユーザーは、さまざまな角度からオブジェクトを探索するためにデバイスの向きを変えることができ、経験に応じてジェスチャーや動きを使ってオブジェクトとやりとりすることができます。

Designing an Engaging Experience

  • ディスプレイ全体を使用してください
     現実世界とあなたのアプリの仮想オブジェクトを見たり、探索したりするのに可能な限り多くの画面を提供する。没入感を軽減するコントロールや情報で画面が乱雑にならないようにしてください。

  • 現実的なオブジェクトを配置するときに説得力のある錯覚を生み出します
     すべてのAR体験が現実的な仮想オブジェクトを必要とするわけではありません。それらには、配置される物理的環境に生息するように見えるオブジェクトが含まれている必要があります。最良の結果を得るには、リアルなテクスチャで詳細な3Dアセットをデザインします。 ARKitが提供する情報を使用して、検出された実世界のサーフェス上にオブジェクトを配置し、オブジェクトを適切にスケーリングし、仮想オブジェクトの環境照明条件を反映し、実世界のサーフェス上に仮想オブジェクトの影をキャストし、カメラの位置が変化するとビジュアルを更新させます。

  • 人々はあなたのアプリをARに最適でない環境で使用することを想定してください
     人々は、移動する余地があまりないか、大きくて平坦な表面がない場所でアプリを開きます。課題を提示するシナリオを予測し、要件や期待を明確に人々に伝えてください。さまざまな環境で使用するためにさまざまな機能を提供することを検討してください。

  • ユーザーの快適さに注意してください
     一定の距離または角度で長時間デバイスを保持すると、疲労の原因となります。あなたのアプリケーションを使用するときに人々がデバイスを保持する方法を検討し、不快感を引き起こさない楽しい経験に努めてください。たとえば、デフォルトでは、距離を置いてオブジェクトを配置すると、デバイスをオブジェクトの近くに移動する必要がなくなります。ゲームは短いレベルで短時間のダウンタイムで混在させることができます。

  • アプリがユーザーの動きを奨励する場合は、徐々に導入してください
     ゲームでは、ユーザーはARに入るとすぐに仮想発射物を避けるために途中で移動する必要はありません。最初に経験に適応する時間を与えてください。その後、徐々に動きを促します。

  • ユーザーの安全に注意してください
     あまりにも多く移動すると、他の人や物が近くにいると危険です。アプリを安全に運用する方法を検討してください。ゲームは大きな動きや突然の動きを避けることができます。

  • 臨場感あふれる体験を高めるために、オーディオと触覚フィードバックを使用してください
     音響効果またはバンプ感覚は、仮想物体が物理的表面または他の仮想物体と接触したことを確認するための優れた方法である。没入型ゲームでは、バックグラウンドミュージックはユーザーを仮想世界に巻き込むのに役立ちます。

  • 可能な限り、ヒントを文脈で提供してください
     たとえば、オブジェクトの周りに3次元回転インジケータを配置すると、オーバーレイにテクスチャベースの命令を表示するよりも直感的になります。ただし、サーフェス検出が優先の場合、テクスチャオーバーレイヒントは保証されます。これはユーザーがコンテキストヒントに応答していない場合のみです。

  • オフスクリーンの仮想オブジェクトに向けて人々を誘導することを検討してください
     画面外に配置されたオブジェクトを特定するのが難しい場合があります。オフスクリーンオブジェクトを見つけるのが難しいような場合は、視覚的または聴覚的な手がかりを提供することを検討してください。たとえば、オブジェクトが左側にオフスクリーンの場合は、画面の左端にインジケータを表示して、カメラをその方向に向けることができます。

  • 指示テキストを表示する必要がある場合は、親しみやすい用語を使用してください
      ARは、一部のユーザーを脅かす可能性のある高度な概念です。それを近づけやすくするために、ARKit、世界の検出、追跡などの技術的、開発者指向の用語を参照しないでください。代わりに、ほとんどの人が理解できるフレンドリーな会話の言葉を使用してください。