FRMSKI開発ブログ

プログラミング、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

HIG - User Interaction / Undo and Redo 和訳

HIGのUndo and Redoについて和訳です。

Undo and Redo

 多くのアプリでは、デバイスを振ることで、入力や削除などの特定の操作を取り消したりやり直したりすることができます。アラートによって、ユーザーに取り消しまたはやり直し操作の確認が求められます。

f:id:frmski:20181031164656p:plain:w300

  • 元に戻すまたはやり直す操作を簡単かつ正確に記述する
     元に戻すとやり直しの警告タイトルには、自動的に「元に戻す」または「やり直し」という接頭辞が付きます(末尾のスペースを含む)。このプレフィックスの後に表示される、取り消しまたはやり直しの対象を説明する追加の単語を1つまたは2つ追加する必要があります。たとえば、「名前の取り消し」や「アドレス変更のやり直し」などのアラートタイトルを作成できます。

  • 取り消しとやり直しのためにシェイクジェスチャーを使用する場合、それ以外の操作には使用しないでください
     振る舞いに複数の意味をプログラムで与えることはできますが、人を混乱させる危険性があり、アプリケーションを予測できなくなる危険性があります。

  • 元に戻すとやり直しボタンを余すところなく提供します
     アプリが同じタスクを実行するための複数の方法を提供すると、混乱します。あなたのアプリケーションが本当に専用の取り消しとやり直しボタンを保証している場合は、標準のシステム付属のアイコンを使用して、ナビゲーションバーなどの予想される場所に配置します。


  • 現在のコンテキストでのみアンドゥとリドゥ操作を実行します
     取り消しとやり直しは、以前のコンテキストではなく、現在のコンテキストに対して明快で即座の効果をもたらすはずです。

開発者向けのガイダンスについては、UndoManager(UndoManager - Foundation | Apple Developer Documentation)を参照してください。