FRMSKI開発ブログ

プログラミング、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

HIG - User Interaction / File Handling 和訳

iOS、Human Interface GuidelinesのFile Handlingについての和訳です。

File Handling

 ファイルを作成、表示、操作する際、ファイルシステムについて考える必要はありません。あなたのアプリケーションが正常に動作する場合、可能な限りファイル操作を軽視してください。

  • 取り消されたり削除されたりしない限り、作業は常に保存されると確信させる
     一般的に、人々に明示的にファイルを保存させないでください。代わりに、定期的な間隔で自動的に変更を保存したり、ファイルを開いたり閉じたりするときや、別のアプリケーションに切り替えるときに変更を保存します。いくつかのケースで、既存のファイルを編集しているときなどは、保存やキャンセルオプションは、編集内容がまだ残っているか確認するために意味をなします。

  • ローカルのみのファイルを作成するオプションを指定しないでください
     ユーザーはしばしば、すべてのデバイスですべてのファイルを使用できると考えています。可能な限り、アプリはiCloudなどのサービスを通じてクラウドベースのファイルストレージをサポートする必要があります。

  • 直感的でグラフィカルなファイルブラウジングインターフェイスを実装します
     理想的には、システムの使い慣れたドキュメントピッカーをブラウジングに使用します。カスタムファイルブラウザを実装する場合は、直感的かつ効率的であることを確認してください。ファイルブラウザは、高度にグラフィカルな場合に最も効果的で、ファイルの視覚的表現を提供します。より速いナビゲーションのために、新しい文書ボタンを用意して、新しい文書を作成するために他の場所に行く必要がないようにしてください。

  • ユーザーがあなたのアプリを離れずにファイルをプレビューできるようにする  クイックルックを使用すると、Keynote、Numbers、Pagesのドキュメント、PDF、画像、およびその他の種類のファイルの内容を実際に開いていなくても表示できます。クイックルック(Quick Look - System Capabilities - iOS - Human Interface Guidelines - Apple Developer)をご覧ください。

  • 必要に応じて、他のアプリとファイルを共有します
     それが合理的であれば、あなたのアプリはドキュメントプロバイダの拡張機能を使って他のアプリケーションとファイルを共有できます。あなたのアプリは、人々が他のアプリからのファイルをブラウズして開くことも可能にします。