FRMSKI開発ブログ

プログラミング、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

Human Interface Guidelines⑥ - App Architecture / Navigation 和訳&まとめ

App ArchitectureのNavigationについての和訳です。

Navigation(ナビゲーション)

 人々は、期待を満たさなくなるまでアプリのナビゲーションに気づかない傾向があります。あなたの仕事は、注意を喚起せずにアプリの構造と目的をサポートする方法でナビゲーションを実装することです。
ナビゲーションは自然で親しみを感じるべきであり、インターフェースを支配したり、コンテンツからフォーカスを引き離したりしてはなりません。 iOSでは、3つの主要なナビゲーションスタイルがあります。

  • 階層的ナビゲーション
    あなたが目的地に達するまで画面ごとに1つずつ選択します。別の目的地に行くには、あなたのステップをリトレースするか、最初からやり直して別の選択肢を作る必要があります。設定とメールはこのナビゲーションスタイルを使用します。

  • フラットナビゲーション
    複数のコンテンツカテゴリを切り替えます。音楽とApp Storeはこのナビゲーションスタイルを使用します。

  • コンテンツ駆動またはエクスペリエンスドリブンナビゲーション
    コンテンツを自由に移動するか、コンテンツ自体がナビゲーションを定義します。ゲーム、書籍、その他の没入型アプリでは、一般にこのナビゲーションスタイルが使用されます。



いくつかのアプリは複数のナビゲーションスタイルを組み合わせています。たとえば、フラットナビゲーションを使用するアプリは、各カテゴリ内で階層ナビゲーションを実装できます。

常に明確な経路を提供する

人々はいつもあなたのアプリのどこにいるのか、次の目的地に行く方法を知っておくべきです。ナビゲーションスタイルにかかわらず、コンテンツの経路は論理的で予測可能であり、追跡が容易であることが不可欠です。一般に各スクリーンに1つのパスを人に与えます。複数のコンテキストで画面を表示する必要がある場合は、アクションシート、アラート、ポップオーバー、またはモーダルビューの使用を検討してください。

コンテンツに素早く簡単にアクセスできる情報構造を設計する

タップ、スワイプ、およびスクリーンの最小数が必要な方法で情報構造を整理します。

流動性をつくるためにタッチジェスチャーを使用する

最低限の摩擦でインターフェイスを簡単に移動できます。たとえば、画面の横からスワイプして前の画面に戻すことができます。

標準ナビゲーションコンポーネントを使用する

可能な限り、ページコントロール、タブバー、セグメントコントロール、テーブルビュー、コレクションビュー、分割ビューなどの標準のナビゲーションコントロールを使用します。ユーザーは既にこれらのコントロールに精通しており、直感的にアプリを回避する方法を知ることができます。

ナビゲーションバーを使用してデータの階層を横断する

ナビゲーションバーのタイトルに階層内の現在の位置が表示され、戻るボタンで前の場所に戻ることが容易になります。

タブバーを使用してコンテンツまたは機能のピアカテゴリを表示する

タブバーを使用すると現在の場所に関係なく、カテゴリをすばやく簡単に切り替えることができます。

同じ種類のコンテンツのページが複数ある場合はページコントロールを使用する

ページコントロールは利用可能なページ数と現在アクティブなページ数を明確に伝えます。天気アプリケーションは、ページコントロールを使用して場所固有の天気のページを表示します。