FRMSKI開発ブログ

プログラミング、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

Human Interface Guidelines① - iOS 和訳&まとめ

AppleのHuman Interface Guidelineについて少しずつまとめたいと思います。今回はiOSのデザインテーマとデザイン原則について。

iOSデザインテーマ

下記はiOSが他のプラットフォームと区別される3つの違いです。

  1. Clarity(明快さ)
    見やすいテキスト、明瞭なアイコン、適切な装飾など機能性に優れたデザインである。空白や色、フォント、グラフィックなどのインターフェース要素は重要なコンテンツを強調しインタラクティブ性をもたらします。
  2. Deference(敬意)
    滑らかなモーションと鮮明で美しいインターフェイスは、人々がコンテンツを理解し対話することを助けます。コンテンツは通常、画面全体を満たしますが、透過性とぼかしが多くのヒントになります。最小限に抑えたベゼル、グラデーション、およびドロップシャドウが、インターフェイスを確実で軽快にし、コンテンツを最高の状態に保ちます。
  3. Depth(奥行き) 明確なビジュアルレイヤーと現実的なモーションは、階層を伝え、活力を与え、理解を促進します。タッチと発見可能性が喜びを高め、文脈を失うことなく機能と更なるコンテンツへのアクセスを可能にします。また遷移は、コンテンツをナビゲートする際の奥行きを提供します。

デザイン原則

Aesthetic Integrity(審美的な誠実さ)

 審美的な整合性は、アプリの外観と振る舞いがその機能とどれだけうまく統合されているかを表します。たとえば、人々が深刻な作業を行うのを助けるアプリは、緻密で控えめなグラフィックス、標準コントロール、予測可能な挙動を用いることで、彼らを集中させておくことができます。一方、ゲームなどの臨場感あふれるアプリは、魅惑的な外観を提供し、楽しみと興奮を約束し発見を促します。

Consistency(一貫性)

 一貫したアプリケーションは、インターフェイス要素、既知のアイコン、標準的なテキストスタイル、統一された用語を用いて使い慣れた標準と認識を実装します。このアプリは、人々が期待する方法で機能や挙動を組み込んでいます。

Direct Manipulation(直接操作)

 画面上のコンテンツを直接操作することで、人々が関わり理解することを促進します。ユーザーは、デバイスを回転させたり、ジェスチャーを使用して画面上のコンテンツに影響を与えることで直接的な操作を経験します。直接操作を介して、彼らは即座に自分の行動の結果を見ることができます。

Feedback(フィードバック)

 フィードバックは行動を認識し結果を示すことで人々に情報を提供します。内蔵のiOSアプリは、すべてのユーザー操作に対応して認識可能なフィードバックを提供します。インタラクティブな要素は、タップすると簡単にハイライトされ、進行状況インジケータは長時間実行される操作の状態を伝え、アニメーションとサウンドはアクションの結果を明確にします。

Metaphors(メタファー)

 実世界やデジタルの世界に根ざしているかどうかに関わらず、アプリの仮想オブジェクトやアクションが使い慣れた体験の隠喩(メタファー)であることで、より迅速に学習できます。メタファーはiOSで頻繁に機能します。なぜなら、人々は物理的に画面とやり取りするからです。彼らは、下のコンテンツを表示するために視点を移動します。コンテンツをドラッグしてスワイプします。スイッチの切り替え、スライダの移動、ピッカー値のスクロールを行います。本や雑誌のページをめくります。

User Control(ユーザーコントロール

 iOS全体では、アプリではなく人がコントロールしています。アプリは、行動のコースを示唆するか危険な結果について警告することはできますが、意思決定をすることはありません。最高のアプリは、ユーザーを有効にし、望ましくない結果を避けることの間で、適切なバランスを見つけます。アプリは、インタラクティブな要素を使い慣れた状態に保ち、破壊的な行動を確認し、進行中に操作が中断しても取り消すことができるため、ユーザーにコントロールしているような感覚を持たせることができます。

次回はインターフェース要素について和訳したいと思います。