FRMSKI開発ブログ

プログラミング、UI / UX、仕事、読書のことなど、日々の記録を綴ります

Swfitでアプリ内にテキストファイルを書き出す

テキストファイルを書き出してiTunesで取り出す手順を紹介します。

①FileManager.default.urlsでドキュメントのパスを取得

let documentDirectoryFileURL = FileManager.default.urls(for: .documentDirectory, in: .userDomainMask).last {

②テキストファイル名を追加

let targetTextFilePath = documentDirectoryFileURL.appendingPathComponent(テキストファイル名)

③initialText.writeで書き出し

do {
try initialText.write(to: targetTextFilePath, atomically: true, encoding: String.Encoding.utf8)
} catch let error as NSError {
print("\(error)")
}

下記の場所へ書き出されます。

/Users/Username/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/~/data/Containers/Data/Application/~/Documents

iTunesから取り出し

iTunesの端末設定のファイル共有にてアプリを選択し取り出すことができます。